東京で賃貸物件を借りるための間取り知識

東京の1SLDK賃貸物件と言われて、何部屋あるかわかりますか。

まず基本として頭の数字がベッドルームの数。

そのあとに、その他の部屋のタイプが続きます。

たとえば2LDKの場合だと、2つのベッドルームとダイニングキッチンが1つあります。

総部屋数は3部屋になります。

その他の部屋のタイプは、通常ですとK、DK、LDKの3つあり、キッチン、ダイニングキッチンリビングダイニングキッチンとなります。

キッチンとは、その名の通り台所のみです。


東京の賃貸物件のDKとは、ダイニングキッチンのことであり、テーブルを置いて食事できる程度のキッチン付きの部屋を表します。

この食事スペースは、非常に小さい場合があるので注意してください。

LDKは、リビングダイニングキッチンのことをいい、リビングとして大きく使える部屋にダイニングキッチンが付いてるタイプを表します。

キッチンが独立している場合も、リビング部分にまとめてしまって、この表記を使うことが多いです。


東京の賃貸物件で、次にイレギュラーなケースとして1Rという間取りがあります。

これはワンルームの略で文字通り1つの部屋のみの間取りです。

キッチンも部屋のなかに備えられていて、もっともコンパクトな一人暮らしの基本といえます。

では、冒頭に出た1SLDKのSとは、なんでしょうか。

これは、サービスルームの収納スペースのStorageの略です。

ベッドルームとしては使えないような、小さな部屋を指しています。

書斎やウォークインクローゼット、納戸がある場合もこの表記が使われます。

つまり1SLDKは、ベッドルームが1つ、リビングダイニングキッチンが1つ、合計2つの部屋に小さなスペースが付いた間取りになります。

生活のスタイルや人数によって、メインに部屋に加えてあと何部屋必要か、といった必要な部屋数が決まるのはいうまでもありません。

Leave a Reply