整体師の資格を取得し開業するまでの流れ

「資格」というのは大きく国家資格/公的資格/民間資格に分けることができます。
その中に、国家資格/公的資格には「業務独占資格」(注1)と呼ばれる特殊な資格があり、それは「その資格がない人は、関連業界に就職することができない」の資格を意味します。
また、同様に国/公的資格の中に「必要資格」(注2)と呼ばれることもありますが、それは特定の業種を開業する際に必ず必要な資格を意味します。

美容系において「業務独占資格」には、利用社/美容師(ヘアデザイナー)資格、整形手術などの医療行為が伴う美容行為のための「医師の資格」などを挙げることができ、医師ではなく、人がマッサージ、マッサージ、指圧、灸などを施術するための「マッサージあん摩マッサージ指圧師の資格」、「灸駆使」、「柔道整復コピー(整骨社)」などの国家資格があります。
他にもエステティシャン、ネイリスト、メイクアップアーティスト、整体師(注3)、カイロプラクチクシスルサなど「美容」に関連する資格は相当数存在しますが、上記した業務独占資格を除外した場合には、すべての「民間資格」というのが問題だと必要ましょう。
民間資格の場合には、関連する業務を行う場合において、または関連事業所を開業するにあたり、資格の有無が「法」に定められていないため、資格のない人でもお金さえあればエステショップ、ネイルショップ、カイロプラクチク、整体院などを開業する可能性があるということです。
大阪市内の灸施術円を開い灸駆使O氏は、このような現実について 「基本的に人の体を大事に仕事は100%の資格が必要だと見てください。
でたらめマッサージ程度であれば、人体に大きな被害を与えないのですが、安っぽい柔道整体士は、自分たちが確かに仕事をするということを示すため、無理に患者の骨で音が出るようにしたり、効果はなく、痛いだけの足の裏マッサージをしたり、ね。
それは少し問題がある可能性があるとします。
もちろん、お金があってお店を開いたとして経験も実績もないエステティシャンにお客さんが集まる可能性は少ない。
しかし、問題となるのは、「実戦を通じて経験を得て上達しプロになる場合が多い」という点。
整体などの場合は、有名な整体師の元で弟子入りして、技術を磨くなどの方法が考えられますが、最終的に開業を考えているのであれば整体技術を学べる整体の専門学校に通うのが確実です。 YMCの整体師になるための講座コースなど、有名です。

基本的にはエステティシャン資格は「一般社団法人日本エステティック協会」(注4)などの業界団体が主催する検定試験に合格した場合獲得することができます。
上記協会は「トータルエステアドバイザー」、「エステティシャン」、「フェイシャルエステティシャンの資格の検定と資格付与を担当しており、このうちフェイシャルエステティシャン黒の場合を例に挙げてみると受験資格が「6ヶ月以上の仕事経験者、あるいは協会で認定する教育機関/認定された理美容学校で60時間以上のエステコースを修了した者」と定めています。
検定試験は??、90分の4客観式テスト筆記試験だけです。
合格率が70%を超える資格でしょう。
最終的には、「エステ」の「に」者も知らない初心者でさえ、6ヶ月ぶりエステショップで働いて、簡単な試験実行するだけでエステティシャンの資格を取ることができるということになります。
簡単に言えば、その6ヶ月の間、資格もない初心者がお客様の顔や体を利用して実戦」の練習」をするという話ですね。
お金を出してエステショップに来た顧客が、自分の体を実験台に飲み込むために来た李は、ないでしょう。
もちろん、ほとんどのエステショップでは、有資格者と無資格者の業務を分けて置いているとはしますが、実質的にエステティシャン資格が民間資格であるため、無資格者がお客様の体に手を大道法律的に何らの欠陥がないことは、明らかに問題がていることがないでしょうか。
現役エステティシャンのH氏は「業界の裏話」としながら、このような情報を言うてくれました。
「お店ごとに異なる??話だが、人件費を節約するために無資格者にゲストを任せるところも多いと聞いた。
資格のある人を書き込むには、それだけお金がかかるんですよ。
しかし、エステを学ぶために見習いに来た子供たちは、等級を少し与えてもされてじゃないですか。
実際に不謹慎な店では、子供たちに仕事一帯にさせて、給料で「授業料」の名目でお金を強要行く所もあると聞いた。
ああ、もちろん、私たちの店は、そのようなことはないけどね。

エステショップというのは、「サービス業」でもあります。
当然接客ということが非常に重要になります。
しかし、しっかりとした機関で教育を受けていないエステティシャンの場合には、そのような「接客」の心構えを持たない場合が往々にしており、それがエステショップ全体の認識を削って食べます。
いくつかの質問をしても「はぁ?」という反応であるだけで、きちんと答えをしていない場合や、お客様に敬語を使わず、時には「説教」をしたりね。
さらには、ゲストのスタイルを見て嘲笑従業員があれば、上手ではない手つきで、顧客が「痛い」と不平をしよう恐怖を食べて逃げたエステティシャンもあるそうです。
重要なのは、顧客が「リラックス」するためにエステショップに訪問するという点で、エステティシャンは、その欲求を解放しなければならないということですね。
また、かなり多額の金額を支払うことエステという点を考えると、このような無資格者の起用やサービス精神の欠如は我慢与えることができないという点ですね。

Leave a Reply